急性膀胱炎の原因は大腸菌が大半

膀胱炎のサプリメントって今まで無かったんですか?

増える耐性菌に薬の効き目も弱りつつある?

膀胱炎の中でも突然発症する急性膀胱炎(単純性膀胱炎)の原因のおよそ70%~95%は、大腸菌によるものと言われています。これだけ原因の多くを占める大腸菌ですが、ヒトの大腸に当たり前に居る菌の一つです。

となると感染源は、自分自身が大半と考えられますが、特に女性は、トイレでの拭き方によって肛門側から尿道側へと大腸菌を移してしまったり、性行為によってパートナーの手や舌による間接的な感染も増えます。

そんな大腸菌による急性膀胱炎ですが、多くの抗菌薬によって改善する事が可能ですが、近年では、サワシリンやビクシリンなどのペニシリン系薬剤への耐性菌も増えてきているそうです。

尚、治療は、症状に合わせて色々な薬剤をチョイスする事が出来るそうです。

  • ニューキノロン系剤:クラビット
  • セフェム系剤:パンスポリンやフロモックスなど
  • ペニシリン系剤:サワシリンやビクシリンなど

膀胱炎は、治療を怠ると尿道から膀胱、さらに、腎盂へと上がり腎臓に炎症を起こしたものが、腎盂腎炎(じんうじんえん)へと重症化する危険があります。

急性にしても慢性にしても膀胱炎になったら、安易に捉えず病院で最適な処置をしてもらう必要が第一です。

その反面、これらの抗菌薬は、膀胱炎の大半原因の大腸菌を減らす事は可能ですが、膀胱炎そのものを再び発症しにくく出来るものでは無い上に、良い菌まで殺してしまうので頼りすぎも禁物ではないでしょうか。

同時に、日頃から膀胱炎を予防できる体質改善も必要なことです。