特許成分クラジン(Cran GYN)とは

膀胱炎のサプリメントって今まで無かったんですか?

これから注目の膀胱炎予防成分「クランジン」

膀胱炎のサプリメント成分として注目のクランジン(Cran GYN)は、日本では、あまりなじみが無い成分という印象を受けますが、海外では、膀胱内の大腸菌を排出する働きが認められて特許を取得しているそうです。

しかも、この成分は、クランベリー由来の天然成分です。
つまり、天然の食品由来成分だけなのに、膀胱炎を解決に導く働きが期待できるという事だとわかります。

クランベリーには、キナ酸とDマンノースという膀胱炎の予防や改善に有効とされる二つの成分を含んでいますが、クランジンもこれらを独自のブレンドによって配合している事が特許となっているそうです。

市販薬には、漢方成分を配合しているもので排尿を促すものがありますが、クランジンのような膀胱炎への有効性は、そこまで高くないかもしれません。

また、抗菌薬だと処方薬となるので、働きも顕著かもしれません。

でも、その分、良い菌まで死滅させてしまうので、しぶとい悪玉菌の方が再び増えやすくなると再発する事になります。

抗菌薬のような強い薬は、体への負担も気になるところです。

その点、天然由来成分のみで作られているクランジンなら、膀胱炎の予防や改善に適した働きがありながら、体にも負担にならない点が安心ですね。

また、ドクターズチョイスのクランジンプラスには、乳酸菌も含まれているお陰で膀胱内の環境を良くする働きも期待されますが、こうした菌を取り入れる事は、膀胱炎以外にもカンジダ膣炎の予防などに有効なようです。

なので、その他の日和見感染症の経験がある場合も、併せてチェックして貰いたいサプリメントかなと思えます。