寒さが膀胱炎の原因となりうる?

膀胱炎のサプリメントって今まで無かったんですか?

寒さと膀胱の収縮が関係しているようです

寒いと膀胱炎の発症率が上がる、とよく言われるそうですね。
特に、男性よりも尿道が短い女性の患者さんが増えると聞きます。

いまいち両者の間に関連性が見出せないのですが、膀胱炎って膀胱粘膜が炎症する病気ですよね。それなのに、なぜ寒さが原因なのでしょうか?

しかし、実際のところ、関連性はちゃんとあるそうです。
なんでも、寒さによって膀胱が収縮する関係上、尿意を我慢する頻度が増えることが原因らしいです。

確かに、寒くなるとトイレが近くなると言われますが、実際には、温かい時期より膀胱内の尿が少なくても収縮の関係でそうなりやすいのかもしれませんね。

排尿には膀胱や尿道にいる細菌を、体外に洗い流す機能もあるため、逆に言うと、尿意を我慢するということは、膀胱や尿道で細菌を繁殖させてしまう事になります。

また、膀胱に尿を蓄積させたままだと膀胱粘膜が広がったままで、その状態では細菌への防御力も低いそうです。そのため、膀胱粘膜が更に炎症を起こしやすくなっているため、細菌に繁殖されるとかなり不利なようです。

でも、もう少し調べてみると、寒さの関係は、体温との繋がりも大きそうです。
これは、冷え性との関係ですが、本来、膀胱の粘膜温度が37℃前後あるのに、冷え症だと32℃くらいまで下がる事があるのだとか。

すると、免疫力が落ちる関係で雑菌が繁殖しやすくなり、膀胱炎を引き起こしやすい状態となるようです。

となると、寒さのせいだからと言って、尿意を我慢するのは、本当のところ良くないんですね。膀胱炎でも初期段階なら、水をたくさん飲んで頻繁に排尿することで、自然治癒が可能みたいですが、やはりならないに越したことは無いので、私もこれからは気を付けるようにしようと思えるきっかけでした。