膀胱炎のサプリメントを選ぶなら・・・

クランベリーより良い膀胱炎予防サプリが有る?

食材で膀胱炎に効くものと言えば、クランベリー。
でも、毎日のようにクランベリーを食べ続けたり、それを買う方が手間がかかりそう。

  • クランベリーがいまいちだった
  • そもそも食べるのが億劫
  • クランベリージュースでお腹パンパン

こういう受け付けない感じもあると思います。
実際にクランベリーはこんな感じです。

ちなみに私は、ドライフルーツを毎朝食べています。

味はマイルドな甘さでおいしいんですが、一度にまとめて購入しないとすぐになくなってしまうし、封を開けて早めに食べないとカビが生えてしまわないか心配。

すぐに食べない分は、ジップロックなどに入れて冷凍庫に入れておいた方が良いかもしれません。
念のため・・・。

手間を惜しむならサプリメントで探すのが妥当

クランベリーエキスを配合しているサプリメントも色々あります。
症状が軽かったり頻繁に繰り返すわけでないのなら、クランベリーエキス配合サプリメントで十分に予防することが出来そうです。

ちなみに、有効な働きは、クランベリーに含まれるキナ酸という有機酸が膀胱内を酸性に保つ事によるもの。

キナ酸が体内で馬尿酸に変化すると、尿を酸性に保つ働きがあるらしくこれが菌の繁殖を防ぐことに繋がるそうです。

キナ酸を多く含むサプリメントが最適。
・・・ということになりますね。

クランベリーよりもキナ酸を多く含むサプリは?

ありました。
クランベリーよりキナ酸が多い果実サジー。

サジーに含まれているキナ酸は、クランベリーの2倍です。サジージュースも売られていて、実際に膀胱炎の予防としても人気があるようです。

サジージュースは、いくらぐらいする?
調べてみると、900ml(1本)で4,000円くらいします。

>>人気は豊潤サジージュース
・・・”トイレが近い”をクリックすると詳細がわかります。

お酒で考えると結構いいお値段。
それに、1日分が30ml程度。

いくらキナ酸が豊富に含まれているからと言え、ごく少量でどのくらい膀胱炎に効き目があるのか気になるところです。しかも、割とそのままでは飲みにくいようなので、その辺も工夫しなくてはいけません。

もっと安いクランベリージュースを2倍飲めば、そっちの方が安上がりかもしれません。
瓶を捨てるのもちょっと手間です。

やっぱり、持ち運びもできて、気になったらすぐに飲めるサプリメントで効き目のしっかりしているものがあれば、それに頼りたいところです。

そう思って探していたら、ありました。

キナ酸よりも強力なDマンノース

更に膀胱炎対策に最適な成分が有りました。

Dマンノースもクランベリーなどに含まれる成分。
糖類の一種ですが、体内に入っても代謝されないそうです。つまり、使われずに出てくるということですね。

結果的に、血液に運ばれて体内を巡り、尿にたどり着いた時に、その中に含まれる有害な菌に反応して結合しそのまま体の外に排出されるとのこと。

実際にDマンノースのサプリメントを飲んだ人の感想を参考にすると、頻尿の回数が減り、1回の量が少なかったのが多くなった。また、足のむくみが改善したなんていう情報もあります。

これはDマンノースに限らず、体内の老廃物を尿にしっかり流すことが出来るようになったので、結果的に、足のむくみが解消しやすくなったのかもしれません。

Dマンノースで膀胱炎が解消し、足のむくみ予防にもなれば、一挙両得です。

もっと殺菌力の高い特許成分もありました

クランベリーやサジーに含まれるキナ酸、そして、それよりも効果が高いとされるDマンノースですが、更に、殺菌力の高いサポート成分が含まれていることがわかりました。
それが、UTIRoseという特許取得成分です。

この成分はハイビスカスから抽出するものでかなり殺菌力がすごいらしく、大腸菌で実際に試したところ、24時間で大腸菌の数を10万分の1に減らすことができたそうです。

10分の1ではなく10万分の1まで大腸菌を減らすのはすごい。

なので、DマンノースとUTIRoseを両方とも配合しているサプリメントがあれば、今のところ、このサプリメントが一番膀胱炎の改善に強力な味方となってくれそうです。

お気に入り

  • ルテインサプリメント:フローラグロー製法のルテインならこのサプリメントが高配合でした。
  • クリアブルー:人気のある排卵検査薬の一つですが、上位モデルは予測が長いのが特徴。