膀胱炎予防に良さそうなサプリメントを見つけました

膀胱炎予防に良さそうなサプリメントを見つけました

膀胱炎は市販薬で治せない

「病院へ行く時間が無い・・・」

そんな時は、とりあえず薬局に行けば、膀胱炎対策の薬が何かしら置いてあるように思うかもしれませんが、残念ながら、膀胱炎の市販薬では、原因菌である大腸菌などを減らす事はできません。

それが出来る抗菌薬は、処方箋薬だからです。

ドラッグストアなどで手に入る市販薬として売られているのは、利尿を促す作用の薬、漢方薬くらいしか無いのです・・・。

市販薬が利尿の促進を目的としている理由は、”意図的に沢山おしっこを出せば、悪い菌が排出されやすい”という考えに基づきます。

その分、トイレの往復が増えて大変ですね。

移動中などは、耐えがたい苦痛。

「周囲の目も気になるし・・・。」
「万が一、漏れてしまったら・・・。」

そうなると、やはり抗菌薬に頼らざるを得ない気がしますが、その抗菌薬でさえ一時しのぎに過ぎないという事を実感されている場合も多いのではないでしょうか・・・。

抗菌薬が一時しのぎに過ぎない理由とは?

膀胱炎は、元々の抵抗力が落ちたままだと再発しやすいそうです。

以前まで、膀胱内は、ずっと無菌状態と考えられていたらしく、しっかり殺菌すればそれで解決すると思われていたのですが、今では、消化器官と同じように菌が常駐している事がわかりました。

なので、抗菌薬を使って膀胱内の細菌のバランスがリセットされても、抵抗力が落ちたままだと悪玉菌が繁殖しやすく、膀胱炎を再発してしまいかねないのです。

また、抗菌薬を飲んで症状が治まってきたと思って、中途半端に薬を飲むことをやめてしまうと、生き残っていた悪玉菌が抵抗力を付けてしまい、同じ薬が効かなくなる事も少なくないそうです。

しっかり薬を飲んで一度改善した上で再発するようなら、本当の意味での完治とは言えませんよね・・・。

しかも、菌を殺す作用を持つ薬は、体にも少なからず負担となります。

このように膀胱炎が再発してから薬を用いる方法は、一時しのぎにはなりますが、あの不快感を何度も味わう事になりかねません。

そこで、再発のリスクを減らす予防として最適な方法が無いのかを探し、たどり着いたのがサプリメントによる予防方法でした。

サプリメントで根本的な解決が可能?

「サプリメントで膀胱炎の予防が可能?!」

市販薬や抗菌薬での一時しのぎの方法ではなく、しっかり予防になる方法。根本的な解決方法が無いか探してみた結果、辿り着いたのがこのサプリメントです。

>>膀胱炎対策サプリ”クランジンプラス”の詳細はこちら

ドクターズチョイスのクランジンプラスには、クランベリー由来のクランジン(Cran GYN)とい成分が配合されています。

この成分は、膀胱炎の予防に有効な成分バランスで海外で特許を取得しています。

そもそも膀胱炎が再発しやすいのは、抵抗力が落ちているからです。

たとえ大腸菌が膀胱内に侵入しても、体の抵抗力が維持されていれば、そんな簡単に膀胱炎が再発する事は無いと思います。

そんな膀胱内の落ちてしまった抵抗力の補強となる成分がクランジンです。

では、このクランジンという成分にどのような働きがあるのか触れていきたいと思います。

有効成分が大腸菌を排出する仕組み

まず、原材料となるクランベリーが膀胱炎に有効と言われてきた理由は、果実に含まれるキナ酸(有機酸)が膀胱内を酸性に保つ事が関係しています。

キナ酸は体内に入ると馬尿酸に変化し、尿を酸性に保つ働きがあるらしくこれが菌の繁殖を防ぐことに繋がるそうです。

また、キナ酸のほかにDマンノースという成分も含まれているのですが、これには大腸菌を付着する働きがあります。すると、排尿のタイミングで一緒に流す事が出来るそうです。

これらの成分を膀胱炎の予防に有効なバランスを研究し、特許化したものがクランジンなのだそうです。

ドライフルーツの注意点

膀胱炎に有効とされる特許成分のクランジンは、クランベリーエキスを原料としています。

クランベリーと言えば、古くから膀胱炎に効く果実と言われてきました。

元々のきっかけは、”クランベリーのドライフルーツを食べていたら膀胱炎が治まった、再発しなくなった”などの口コミからだそうです。という事から、膀胱炎予防に活用されている方も多いのではないでしょうか。

「それなら、ドライクランベリーを毎日食べても予防になるのでは?」

この場合は、注意点もあります。

ドライクランベリーを食べる場合、カロリーやカビに要注意です。

実際にクランベリーのドライフルーツを毎朝食べていた実体験もありますが、味はマイルドな甘さでおいしいんですが、一度にまとめて購入しないとすぐになくなってしまうし、封を開けて早めに食べないとカビが生えてしまう場合もあります。

含まれる糖質の量も気になるところです。

品質を気にすると、オーガニックのものや衛生管理のしっかりした工場で加工されているかどうかなど、何かと注意も必要。

こういう食材ならではの注意点があるので、長く続けるには気を遣います。その上、摂取できる成分の量もサプリメントより限られてしまいます。

  • 毎日、安定した量を摂取したい
  • 衛生面も問題が無いことも考慮したい

そう考えると、ドライフルーツよりサプリメントが適しているのではないでしょうか。

ドライクランベリーは糖質の量が気になる・・・

ドライクランベリーは、糖質が結構多いようです。

100gあたり65gが糖質。
もしも、毎日食べる量を20gとした場合、糖質量は13gほど。

尚、一日の糖質摂取目安は、50g以上130g以下くらいだそうです。

一日上限量の10分の1を毎日のドライクランベリーの分となると、膀胱炎を防ぐ代わりに、糖質を意識しなくてはならないなんて事にも・・・。

やはり、色々チェックしてみると、どれも一長一短があるように感じるかもしれません。ちゃんと膀胱炎が改善、予防できれば、良いものの何となく不満部分が残ります。

結局、特許成分クランジンを配合しているサプリメントが妥当と思いました。

市販のクランベリーサプリに含まれる成分量

一般的なクランベリーサプリメントには、どのようなものがあるのか調べてみました。

メーカー 品名 クランベリーエキス末 販売価格
DHC クランベリーエキス 30日分 800mg 1,263円
健康応援団 クランベリーエキス 850mg 1,150円
NOW Foods クランベリーカプセル 1,400mg 2,075円

こうして見てみると、クランベリーエキス(粉末)の場合、1,000mg程度がサプリメントの摂取量目安のような印象です。

では、ドライフルーツのクランベリーを食べるとしたら、どのくらいの価格なのでしょうか。

メーカー 内容量 販売価格
オーシャンスプレー社 1kg 1450円
ohtsuya 1kg 1540円

そんなに高くありませんね。

でも、私は、オーガニックである事や砂糖不使用な事にこだわって選んだ結果、ナチュラルキッチンというところのドライクランベリーを使用していました。

メーカー 品名 内容量 価格
ナチュラルキッチン オーガニック ドライクランベリー 60g 434円

もしも、このドライクランベリーを1kgに置き換えてみると、なんと7,248円にもなります。

品質重視で選ぶと、こんなに高いんです・・・。

クランジンだけでなく5種類の乳酸菌も含まれている

ドクターズチョイスのクランジンプラスには、特許成分のクランジンだけでなく、5種類の乳酸菌も配合されています。

乳酸菌が膀胱炎対策になるというイメージは無いかもしれませんが、膀胱炎の原因である大腸菌をキャッチして排出するクランジンに加え、悪玉菌への抵抗力となる善玉菌(乳酸菌)は、抵抗力アップに有効となるそうです。

クランジンと同じように特許に基づいた乳酸菌のバランスで配合しているそうですが、オックスフォード大学の研究でも「乳酸菌は女性の尿路感染症に対して有効」と証明されているという情報が後押しとなります。

根本原因の解決と抵抗力アップ。

特に、風邪やカンジダ、ヘルペスなどで抗菌薬を飲んでも膀胱炎を再発する事があるそうなので、こういう場合にも備える事が出来そうです。日和見感染症予防には、乳酸菌を含んだサプリメントが効果的と言われている事と同じですね。

どちらにも共通しているのは、以下の事。

  1. サプリメントで乳酸菌を摂取
  2. 膀胱内(膣内)に乳酸菌が増える
  3. 酸性に保たれる事で殺菌力が増す
  4. 悪玉菌が減り症状が改善

キナ酸やDマンノースなど、クランベリー由来の膀胱炎に有効な成分を配合したクランジン(特許成分)と再発を予防する為の特許バランスの乳酸菌。

これ程、膀胱炎の予防や改善に特化したサプリメントは無いと思いました。

それと、海外のサプリメントは粒が大きいものが多いですが、クランジンプラスは、粒もボトルも大きくはありません。

市販薬や抗菌薬を使っても再発してきた膀胱炎をどうにかしたい場合、このサプリメントを試してみる価値はあるのではないでしょうか。

「それでも、サプリが薬より効くとは思えない・・・」

このように思う場合は、ドクターズチョイス製品であれば、90日間の返金保証が付いているので、もしも効き目を感じなくても後から返品する事も可能です。