膀胱炎 サプリメント

膀胱炎のサプリメントを選ぶなら・・・

クランベリーより良い膀胱炎予防サプリが有る?

食材の中でで膀胱炎に効くと言えば、クランベリー。

その働きは、キナ酸やDマンノースなどの含まれる成分によるものですが、元々のきっかけは、クランベリーのドライフルーツを食べていたら、膀胱炎が治まったという口コミだそうです。

「それなら、毎日クランベリーを食べると予防できる?」

もしも、毎日のようにクランベリーを食べ続ける生活って、結構タフさが必要となりそうです。また、それを買う手間を考えると…。

私も実際に、クランベリーのドライフルーツを毎朝食べていました。

味はマイルドな甘さでおいしいんですが、一度にまとめて購入しないとすぐになくなってしまうし、封を開けて早めに食べないとカビが生えてしまわないか心配。

糖質の量も気になります。

すぐに食べない分は、ジップロックなどに入れて冷凍保存しておいた方が良いかもしれません。
念のため・・・。

クランベリーのサプリメントとドライフルーツを比較

市販のクランベリーサプリに含まれる成分量を比較してみました。

ちなみに、有効な働きは、クランベリーに含まれるキナ酸という有機酸が膀胱内を酸性に保つ事によるもの。キナ酸が体内で馬尿酸に変化すると、尿を酸性に保つ働きがあるらしくこれが菌の繁殖を防ぐことに繋がるそうです。

キナ酸を多く含むサプリメントが最適。
・・・ということになりますね。

メーカー 品名 クランベリーエキス末 販売価格
DHC クランベリーエキス 30日分 800mg 1,263円
健康応援団 クランベリーエキス 850mg 1,150円
NOW Foods クランベリーカプセル 1,400mg 2,075円

こうして見てみると、クランベリーエキス(粉末)が1,000mg程度がサプリメントの摂取量目安なのかもしれません。

「1,000mgは1gだからと考えると、少なくない?」

価格こそ、そんなに高くは無いけど、その分、内容量(1日分のエキス配合量)も少ない気がします。

なら、ドライフルーツのクランベリーでは、どのくらいの価格なのでしょうか。

メーカー 内容量 販売価格
オーシャンスプレー社 1kg 1450円
ohtsuya 1kg 1540円

こうして見ると、そんなに高くありませんね。
でも、私は、オーガニックである事や砂糖不使用な事にこだわって選んだ結果、ナチュラルキッチンというところのドライクランベリーにしました。

メーカー 品名 内容量 価格
ナチュラルキッチン オーガニック ドライクランベリー 60g 434円

もしも、このドライクランベリーを1kgに置き換えてみると、なんと7,248円にもなります。

品質重視で安心のものを選ぶと、こんなに高い。

ドライクランベリーは糖質の量が気になる…

ドライクランベリーは、糖質が結構多いみたいです。
100gあたり65gが糖質。

もしも、毎日食べるとしたら…
ざっくり食べる量を20gとした場合、糖質量は13gほど。
尚、一日の糖質摂取目安は、50g以上130g以下くらいだそうです。

一日上限量の10分の1を毎日のドライクランベリーの分となると、膀胱炎を防ぐ代わりに、糖質を意識しなくてはならないなんて事にも…。

クランベリーよりもキナ酸を多く含む食材は?

ありました。
クランベリーよりキナ酸が多い果実サジー。

サジーに含まれているキナ酸は、クランベリーの2倍だそうです。サジージュースも売られていて、実際に膀胱炎の予防としても人気があるようです。

サジージュースは、いくらぐらいする?
調べてみると、900ml(1本)で4,000円くらいします。

お酒で考えると結構いいお値段。
それに、1日分が30ml程度。

いくらキナ酸が豊富に含まれているからと言え、ごく少量でどのくらい膀胱炎に効き目があるのか気になるところです。しかも、割とそのままでは飲みにくいようなので、その辺も工夫しなくてはいけません。

もっと安いクランベリージュースを2倍飲んだり、サプリメントの量を増やせば、サジーじゃなくても大丈夫そうです。
それに、瓶を捨てるのもちょっと手間ですから。

やっぱり、持ち運びもできて、気になったらすぐに飲めるサプリメントで効き目のしっかりしているものがあれば、それに頼りたいところです。

そう思って探していたら、ありました。

キナ酸+Dマンノース+乳酸菌のサプリメント

更に膀胱炎対策に最適な成分が有りました。
それが、Dマンノースと5種類の乳酸菌を含んでいるサプリメントです。

クランベリーには、キナ酸以外にDマンノースという成分が含まれていて、これが、膀胱内の大腸菌を排出する働きをするそうです。

血液に運ばれて体内を巡ったDマンノースは、膀胱内に最終的に運ばれて、その中に含まれる大腸菌などの有害な菌に反応して結合し、そのまま体の外に排出されるとのこと。

実際にDマンノースのサプリメントを飲んだ人の感想を参考にすると、頻尿の回数が減り、1回の量が少なかったのが多くなった。

また、足のむくみが改善したなんていう情報もあります。
つまり、こちらも膀胱炎予防に有効な成分なので、これをキナ酸と一緒に摂取すれば、一石二鳥。足のむくみ解消分を含めたら、もう1羽追加ですね。

さらに、これらの有効成分に加えて乳酸菌も有効なようです。

実際に特許を取得している乳酸菌バランスらしいのですが、オックスフォード大学の研究でも「乳酸菌は女性の尿路感染症に対して有効」と証明されているそうです。

これは、日和見感染症であるカンジダ膣炎などの経験があればわかるかもしれませんが、予防には、乳酸菌を含んだサプリメントが効果的と言われている事と同じです。

どちらにも共通しているのは、以下の事。

  1. サプリメントで乳酸菌を摂取
  2. 膀胱内(膣内)に乳酸菌が増える
  3. 酸性に保たれる事で殺菌力が増す
  4. 悪玉菌が減り症状が改善

このようなプロセスです。

なので、これらを同時に摂取する事ができれば、膀胱炎の予防効果も高くなるのですが、今までは、こうしたサプリメントはありませんでした。

キナ酸、Dマンノース、そして、特許バランスの乳酸菌。これをバランス良く配合しているものが本当の意味での膀胱炎サプリメントになると思います。

もしも、再発を繰り返している場合、試してみる価値はあると思います。

>>このサプリメントはドクターズチョイス直営店で購入できます